教育を施す者として正しい道を選ぼう

義務教育である小学校入学から中学校卒業までの9年間の間に、成長過程の子供たちは様々なことを学びます。

義務教育の大切さと先生との出会い

教育を施す者として正しい道を選ぼう 義務教育である小学校入学から中学校卒業までの9年間の間に、成長過程の子供たちは様々なことを学びます。座学での勉強はもちろん、スポーツや音楽など一通りのことを学びますよね。また、各学校によって、合唱コンクールや芸術発表会、運動会などの大きな行事が設けられているので、友人やクラスメートと力を合わせて色々な物ごとを考え、作り上げる経験をすることもできるでしょう。これらの経験は、大人になってからもきっと役に立ってきます。人は一人きりで生きていくことは難しいです。必ず誰かと協力したり、助け合う場面に出会います。そういう人間関係の築き方の基礎的なことを学ぶのも、義務教育の期間の大切なことといえるでしょう。

また先生との出会いも義務教育は大切です。学校には色々なタイプの先生がいますよね。もちろん、苦手な先生もいるでしょう。しかし、誰にとっても想い出に残る先生との出会いが一度はあるのではないでしょうか。当時は、厳しすぎてイヤだった先生のことも、数年後に振り返るとその厳しさの意味を理解することができたり、先生が伝えたかったことがわかるようになるなど、自分自身が成長することによって先生のありがたみを理解できることも多いです。私自身も、小6の時の担任の先生に今でも年賀状を送っています。その先生は新任で担任を持ち、毎日私たちと本気で向き合ってくれた先生でした。失敗も多い先生でしたが、私の心には強く印象に残っています。やはり一生懸命な姿は子どもたちにも伝わるということですね。だれにでもこのように記憶に残る先生が一人はいるのではないでしょうか。

PR情報